助成制度と手当

妊娠・出産・子育て期間中、国や県、市の補助や手当てなどの制度があります。詳しくは市役所のそれぞれの課でお尋ねください。

児童手当制度

内容
支給要件など 中学校終了前までの児童を養育している方に支給されます。支給を受けるためには申請が必要です。出生や転入などで新たに受給資格が生じた場合には、児童手当認定請求書を15日以内に提出して下さい。認定になると、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給されます。

支給額 月額で以下のとおり支給されます

・3歳未満の児童 一律 15,000円
・3歳〜小学校修了前の児童 第一子・第二子 10,000円 第三子 15,000円
・中学生 一律 10,000円
・前年の所得が一定以上の場合 5,000円

支給方法について 毎年2月・6月・10月の5日(土・祝日の場合は前日)に前月分(例えば、6月には2月・3月・4月・5月の4か月分)がまとめてもらえます。
現況届について 児童手当を受給している方は、毎年6月に現況届を提出しなければなりません。対象の方には毎年6月上旬ころに用紙を送付しますので同封の返信用封筒にて郵送か窓口にてご提出ください。ただし変更のあるときは届け出が必要ですので、手続きをお願いします。
お問い合わせ先 保険年金課 医療係 TEL 022-364-1111 内線 223,275

子ども医療費助成制度

子どもが病気・怪我をして通院・入院した場合、医療費を助成いたします。

内容
対象 各種健康保険に加入しているお子様で、保護者の所得額が所得制限限度を超えない方(外来:0歳〜小学6年生、入院:0歳〜中学3年生のお子様)
登録方法 出生届または、転入届出後、保険年金課で登録手続きをしてください。その場で所得判定をし、受給資格に該当した場合は、医療費受給証を交付します。
申請に必要なもの 健康保険証(お子さんが加入しているもの)、印鑑、所得証明(保護者が1月1日以降塩竈市に転入してきた方のみ必要)、保護者の通帳
お問い合わせ先 保険年金課 医療係 TEL 022-364-1111 内線 223,275

母子・父子家庭医療費助成制度

母子・父子家庭の児童(18歳に到達した年度末まで)とその親のかかった医療費の一部を助成する制度です。ただし所得の制限があります。子ども、またはその親が病気・怪我をして通院・入院した場合、医療費を助成いたします。

内容
お問い合わせ先 保険年金課 医療係 TEL 022-364-1111  内線 223,275

出産育児一時金

妊娠・出産はお金がかかりますが、出産育児一時金を受けることができます。健康保険組合や市町村から支払われるお金についての知識をもっておきましょう。

内容
対象 健康保険組合、共済組合、国民健康保険などの医療保険に加入している保険者、または被保険者の配偶者(被扶養者)が出産した場合に支給されます。妊娠4ヶ月以上で、万が一、早産、流産、死産の場合でも支給されます。また、多胎児を出産したときには胎児数ごとに支給されます。
国民健康保険に加入している場合 必要書類 保険証、母子健康手帳、出産費用明細書等(出産費用がわかるもの)、印鑑
支給額:40.4万円
産科医療補償制度加入医療機関で出産の場合は1.6万円の合算額 42万円が支給されます。
現在は、保険証を出産する病院へ提示し、「直接払い制度」により42万円を市役所より病院へ支払う方法が利用されています。
*詳しくは下記のお問い合わせ先にご相談ください。
お問い合わせ先 保険年金課 給付年金係 TEL 022-364-1111  内線 224、276

児童扶養手当

父親又は母親もしくは両親ともにいない家庭の児童を監護する父又は母、または、父親、母親に代わって児童を養育している方に対して支給される手当です。ただし、自立をしていただくための手当てですので、「就労」、「求職活動」の努力は必要です。

内容
資格 父母が婚姻を解消した児童、父又は母が死亡した児童、その他(※満18歳に達する日以降の、最初の3月31日までの間にある児童を監護又は養育している方が対象)
お問い合わせ先 子育て支援課 家庭支援係 TEL 022-364-1131 内線 715

特別児童扶養手当

心身の障害が、身体の内部に障害のある児童について、その児童を監護する父母のうち、主に生計を維持している方、または、父母にかわって児童を養育している方に支給される手当です。

内容
対象 ①視覚障害のある児童②聴覚・平衡機能・咀嚼機能・音声言語機能に障害のある児童③肢体不自由である児童④知的障害・精神障害である児童⑤各内部障害(※20歳に達する日の1日前まで児童を監護または養育している方に支給)
お問い合わせ先 子育て支援課 家庭支援係 TEL 022-364-1131 内線 715

ひとり親家庭の支援

母子家庭や父子家庭の「ひとり親家庭」の方が、病気や看護、事故、災害、冠婚葬祭、出張、学校行事などで家事・育児に困ったときに、家庭生活支援員(ホームヘルパー)を派遣する事業です。

内容
対象 市内に住む母子または父子家庭
期間 1件につき、1か月に5日以内(事業がある場合は延長できます)、9時00分から18時00分までの3時間以内
料金 1時間 300円(所得に応じて減額あり)
お問い合わせ先 子育て支援課 TEL 022-364-1131 内線 715

あんしん子育て コンテンツ一覧

  • 保育所について
  • 公立保育所
  • 私立保育所
  • 子育て支援
  • 市内育児サークル紹介
  • 健康・育児相談
  • 乳幼児健康診断について
  • 予防接種
  • 助成制度と手当
  • 困ったときの窓口